その3で、「インターネットができない」問題が発生。

とりあえず結果が分かり接続が出来るようになりました。
ネットワークは、意味不明だが、原因として「名前解決ができない」(DNSサーバーがおかしい)とのことでした。

修正ファイルは、[/etc/resolv.conf]
ファイルの中に、実際「nameserver XXX.XXX.XXX.XXX」(Xはアドレス)DNSのアドレスが書かれているはずなのに、書かれていなかった。
多分[service network restart]というコマンドを使ったため、resolv.confのデータが消されたっぽい。

※「nameserver XXX.XXX.XXX」のアドレスは、ルータのIPを設定。

DNSの意味がよく分からなかったので調べてみた。

DNSのイメージとして、
yahoo japanに接続する際にURLに[http://www.yahoo.co.jp]と表示されているが、この様に分かりやすくしているのは
「DNS(ドメインネームサーバー)」がやっているらしい。

実際、DNSを使わないと、以下のようになるらしい
「124.83.139.192」 ←URLに入力するとyahoo japanがちゃんと表示されます。

「http://124.83.139.192」 = [http://www.yahoo.co.jp]ということになります。

今回の、問題は「DNS」がおかしくなっているため、「名前解決」が出来なくなってしまって外部サイトを表示することが出来なかったらしいです。
しかし、外部のサイトのIPアドレスをURLに書いて実行すれば、ちゃんとサイトを見れました。

※DNS関連がおかしい時
[PINGを実行]
ping www.yahoo.co.jp

ping: unknown host www.yahoo.co.jp これが出るとDNSがおかしいらしい。

※外部サイトのIPアドレスを見る方法
# nslookup yahoo.co.jp ←yahooのIPアドレスを確認する場合

Non-authoritative answer:
Name: yahoo.co.jp
Address: 124.83.139.192 ←yahooのIPアドレス