その2で、WMP12のライブラリ再構築をすることで、更新されていない情報を更新させることを書きましたが、やっぱりめんどくさいので、PS3 Media Serverをもう少し調べて考えてみました。

 

とりあえず現状

・WindowsHomeServer2011(略WHS2011)にインストールは無事できるが、PS3には認識されていない。

・Windows7 64bitでは、インストールができてPS3でも認識されている。

・Windows7 64bitでWHS2011のPMSを確認するが見れない。

・WindowsHomeServer2011でWindows7のPMSを確認すると認識していることを確認

 

うーんなぜ???

とりあえず、以前確認したことをもう一度やってみる。

・WHS2011のファイアウォールを「無効」にする

・PMSを再起動し、PS3も再起動する。

・PS3の「メディアサーバー検索」をする。

 

・・・認識されました。あれ?以前は駄目だったのに・・・・。

っというわけで、WHS2011でもPMSが認識できました。しかし、ファイアウォールを無効にするのはちょっと気分が悪いので、

同じ用に考えている人のブログを探すことに(すべて人任せ!!)

 

探しているとすばらしいサイトを発見。以下

きのみきのまま >> Windows ServerでPS3 Media Serverをインストール

ここを参考にして、行ったところ、無事ファイアーウォール有効でもPMSを使用することが可能になりました。

 

大雑把に手順を・・・。

■事前準備

・PMSをインストールする

・PMSインストール後javaランタイム(jre7)のインストールが表示されるのでインストールする

(この状態でPMSのステータスを確認するとチェックマークが出ているかもしれませんが、PS3側では見えない状態です)

■ポート開放設定

・スタートメニューを開き、一番下にある[プログラムとファイルの検索]に「セキュリティ ファイアウォール」と入力(以下画像)

 ・「セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール」が出てくると思うので選択する

・[受信の規則]を右クリックし、[新しい規則]をクリック

・規則ウィザードが出るのでステップの[プログラム]でjre7内のjava.exe のパスを指定する

・ステップの[プロファイル]でプライベート以外のチェックをはずす

・ステップの[名前]は、分かりやすい名前を入力すること

・それ以外のステップはデフォルトで・・・。

・上の設定をもう一度行い、ステップの[プログラム]のパスをjavaw.exeにしたものも作成する。

■設定後

・PMSを再起動する

・PS3も一応再起動

これでPS3にPMSが認識されました。しかし、WHS2011のPMSステータスは×になってますが、問題なかったです。

 

PMSを使用することが可能になりましたので、次回は使い方を調べていきたいと思います。